NEXT BPA LIVE in:

  • 00 DAYS
  • 00 HR
  • 00 MIN
  • 00 SEC

NEWS

農倶楽部START! 心身の健康 と ストレスマネジメント

カテゴリー: NEWS

農倶楽部START! 経営者のストレスマネジメントの必要性

 

国の 試みについて

厚生労働省が 2015年 12月 1日、メンタルヘルス対策の充実・強化などを目的として、 従業員数 50人以上の事業場に ストレスチェック の 実施を義務付ける法律 (ストレスチェック義務化) を施行しました。

厚生労働省発表の ストレスの現状 では、

「仕事や職業生活でストレスを感じている」労働者の割合は、 50.6%(1982年)、 55.0%(1987年)、 57.3%(1992年)、6 2.8%(1997年)、 61.5%(2002年)、 58.0%(2007年)、 60.9%(2012年) と推移しており、今や働く人の 約6割は ストレスを感じながら仕事をしている と言えます。この割合を 年代別に見てみると(2012年の調査結果)、 58.2%(20歳代)、 65.2%(30歳代)、 64.6%(40歳代)、 59.1%(50歳代)、
46.9%(60歳以上)と推移しており、 30歳代・40歳代の いわゆる働き盛り世代 の ストレスが高く、この傾向は、男女ともに共通しています。

ストレスの内容を具体的に見ると(2012年の調査結果)、 人間関係(41.3%) が最も多く、 仕事の質(33.1%)、 仕事の量(30.3%) と続きます。これを男女別に見ると、男性では 人間関係(35.2%) が最も多く、 仕事の質(34.9%)、 仕事の量(33.0%) と続くほか、 会社の将来性(29.1%) や 昇進、昇給の問題(23.2%) 、 定年後の仕事・老後の問題(22.4%) についても 男性の3人から4人に1人の割合で 訴えていることが分かります。
一方、女性では 人間関係(48.6%) でストレスを自覚している人が約半数を占め、続いて 仕事の質(30.9%)、 仕事の量(27.0%) と続いています。

(働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト 「こころの耳」 より)

とあります。

これらは、会社や組織で働くサラリーマンたちの ストレス対処法であり、 残念ながら、彼らを雇用している 雇用主である経営者たち のメンタルヘルスには、当てはまらないようです。

 

BPA の取り組み

BPA では、2013年 2月 7日、ストレスタフネスな経営者を目指す かっこいい経営者のための ストレスマネジメント研究会 をスタートさせました。
(ストレスマネジメント研究会 Youtubeちゃんねる

ビジネスプロデューサーや 経営者は、 非常に孤独な存在です。

経営者は、常に 自社・事業について、 お金、 成長、 存続という 息つく間もないほどに、 次から次へと、 やるべきこと、 考えること、 選択することを 余儀なくされます。

社員として働く人々のいう 「人間関係」 「仕事の質」 「仕事の量」 などという次元とは異なる、多くの人には理解さえしてもらえない 巨大なストレッサ― という力に押され続けている毎日 といってもいいでしょう。

さらに、経営者の方は、 家族・社員、 自社に関係するビジネスにおけるつながりをもつ全ての人たち の 心身及び経済的健康を 常に気にかけています。

そうした存在があってこその 会社経営 であり、 事業存続が可能 であることを、 自分の痛みとして 知っているからです。

だからこそ、 自身の心身の健康について、 誰よりも慎重な備えをする必要があります。

 

BPA (ビジネスプロデューサー協会) では、経営者たちは ビジネスプロデューサーたれ! とお伝えしています。

ビジネスプロデューサーは、 リスクマネジメントの天才 にも ならねばなりません。

 


 

農倶楽部スタート!

BPAでは、プロジェクトサポートの一環として、
「農倶楽部」 という プロジェクトのサポートを スタートしました。

 

「農倶楽部」 で得られるものは、

① 日常と離れた環境で リフレッシュできる

・ ビジネスの現場から 離れた環境に身を置くことで、 頭の切り替えが図れる

・ 社員や家族、関係者の人間性に 触れることができる

 

② 五感に加え 野生のカンも 取り戻せる

・ 自然に触れることで 力が抜け ひらめきが発することもある

・ 優れた経営者の 成功の嗅覚は 最後は 直感が 決めてである

 

③ 参加者との交流により 新たな発見がある

・ ビジネスという利害関係を越えて 自然の中で 人間関係を 育むことができる

・ その土地(地域)の人たちとの交流により 地域活性化につながる

 

④ 自分や家族・社員、ビジネスの関係者が 皆 健康になる

・ 農薬を使わないからできる 手で植える田植えなので 安心な米を食べて 健康になれる

・ 日常に戻っても、「食」 に対する 意識が高まる

 

⑤ 腹を割って 話のできる仲間ができる

・ 素の人間性が出やすい環境において ビジネスを共にやりたい! と思える 出会いにつながる

・ 食(農業)の確保と やりがいのある仕事との バランスを取れる 将来の暮らし方(生活)のヒントになる

 


農倶楽部START!

 

「農倶楽部」 の最大の魅力

 

日本は経営者に厳しい国です。特に中小零細経営者にとって・・・。 事業に失敗すると 再起不能になるほど 叩きのめされることもあります。

真面目な経営者ほど、すべての責任を一人で負って、行き場を失うということも 多々あります。

そうした時、自然界に触れた体験は、生命力を思い出すきっかけになったり、いっそのこと 「どん底まで落ちてやる!」 と、どん底まで落ちて、悪あがきをやめた途端、力が抜けて、ひらめきが生じ、突破口がみえてきたりするものです。

もしも、どん底まで落ちたら、農倶楽部の体験をもとに、自給自足の ゼロ円生活をしてみるのもいいでしょう。

心機一転、自然と寄り添う生活で、心身共にリフレッシュし、感覚も鋭さを増し、大事なものに気づくことだってできるでしょう。

農倶楽部の仲間の中には、経営の立て直しを専門にしている税理士や、ほんとうに人を助ける弁護士もいます。

そして、ビジネスプロデューサーが、仲間としてそばにいます!

ほんとうに厳しい時に、支えてくれる仲間作りを、この農倶楽部で培っていきませんか?