NEXT EVENT in :

  • 00 DAYS
  • 00 HR
  • 00 MIN
  • 00 SEC

NEWS

 

2016年4月14日(木)。

上野 東京文化会館中会議室にて当協会が定例にて開催する BPA LIVE Vol.49 がスタートしました。

 

BPA LIVE Vol.49 開催レポートをお伝えいたします

 

司会進行は ビジネスプロデューサー 伊藤 淳 氏 です。

 

BPA LIVE Vol.49 伊藤淳

今回のテーマは

世界を舞台に活躍するQuipper創業者(渡辺雅之氏)のグローバル戦略を解く

文部科学省が平成 23 年月 28 日に 「教育の情報化ビジョン」を発表。

2020年までに 義務教育の生徒1人に1台タブレットを配布する

といった政府方針が決まり、

MOOC (ムーク、「大規模公開オンライン講座」の略) や

EdTech (エドテック、「教育」と「テクノロジー」を掛け合わせた造語)

といった言葉が注目され、ネットやデジタル技術が 教育を大きく変える という期待が高まっています。

 

まだまだ混沌とした 創成期の EdTech ですが、

世界市場では 313億ドル(約3兆円) までに成長してきました。
児童・生徒向けの学習コンテンツ・サービスや

教育機関・教員向けサービスも、充実されています。

開発途上国を中心に 全世界でユーザーが急拡大する

教育サービス「Quipper」は、2011年ロンドンで創業され、

CEO の渡辺雅之氏は、DeNA 共同創業者でもあります。

 

Quipper について、進行役の伊藤氏より説明の後、参加者に問いかけます。

 


 

Quipperのビジネスモデルと特長を描き、3分で説明できるか?

 

49-02
49-03

会員の皆様の中から3分プレゼンをいただき、

その後、ビジネスプロデューサー伊藤氏より、

「ビジネスプロデュース思考」を 図解しながら説明され、

ビジネスプロデューサーが創造する 循環型ビジネスモデルが、

Quipper にはあることを絵で示していただきました。

 

そして、残る課題2つの問いかけに参加者の頭脳がフル活動され、最後に、

 

リクルートは、なぜ、Quipperを買収したのか?

 

の問いかけに、

 

ソリューション型ライブならではの 発表内容が続々と出てまいりました。

ソリューション型BPA LIVEの目的とは  :  ビジネスプロデューサーとしての課題解決力を高めること

形式  :  参加者全員が 本日の課題 に 取り組み 周りにいい刺激を与えるスタイル

 

そして、

 

ビジネスプロデューサーとしての思考と技術のスピード力を発揮し、
「自分が周りの人たちに、どれほどいい刺激を与えられたか?」 が最も問われるのが、 BPA LIVE です。

 

なぜなら、周りの人たちに、気づきや、新たな視点を感じ取らせることができなければ、ビジネスプロデューサーとはいえないからです。

 


 

次回以降の BPA LIVE の予定です。

 

BPA LIVE Vol.50
日 時 : 5月 12日(木)午後 7時~(開場 6時半) 東京文化会館 4階 中会議室 2
テーマ : ビジネスプロデューサーのもつ 「物創り日本再生の秘策」
稲畑達雄氏の 最先端技術の研究開発や 研究開発組織のマネジメントの経験を元に、技術系企業に対する「技術」と「戦略」とを融合させた 経営コンサルティングや、「技術」・「戦略」・「政策」の融合による 産業プロデュースなど、確固たる技術力をもった ビジネスプロデュースによる 今後の日本再生の秘策を学ぶ。
講 師 : BPA 会長 ビジネスプロデューサー 稲畑 達雄 氏

 

BPA LIVE Vol.51
日 時 : 6月 9日 (木) 午後 7時~(開場 6時半) 東京文化会館 4階 中会議室 1
テーマ : ビジネスプロデューサーとしての正しい「税と事業」の理解(仮)
自己実現 = 事業 = 社会貢献 → 対価の発 生→ 社会貢献としての税
特に 法人税については、最近顕著な話題となっている グローバルな大規模合併企業タックス・プラニングにも切り込む。
講 師 : BPA監事 小池康夫税理士事務所所長 小池 康夫 氏

BPA会員からのご紹介者様は、体験参加も可能となっております。

御遠慮なく事務局まで、お問い合わせください。⇒ コンタクト