NEXT BPA LIVE in :

  • 00 DAYS
  • 00 HR
  • 00 MIN
  • 00 SEC

NEWS

BPA LIVE Vol.74 REPORT 自分の アパレルブランド を持てる時代

カテゴリ: BPA LIVE

 

BPA LIVE Vol.74 深沢光 アパレルブランド

 

BPA LIVE Vol.74 REPORT を お伝えいたします。

テーマ : パーソナルブランドプロデュース

    - 誰もが自分の アパレルブランド を持てる時代

《 講 師 》 深沢 光 氏 (デザインラボ ファウンダー/クリエイティブ ディレクター)

 


 

BPA LIVE Vol.74

開催日時 : 2018年 8月 7日 午後 7時 ~ 9時

開催場所 : 代官山 NOMAD ライブハウス

 


 

深沢氏は、数々のブランドを渡り歩いてきた 渡り鳥 のような方です。

「なぜ、起業されたのですか?」 という司会者の質問に、

 

自分はアパレル業界において、あらゆる分野の ファッション を渡り歩いてきました。

 

ですから、どんな場面や シチュエーションであっても、

対応できるだけの知識を 経験を 身につけている という自負がありました。

さらに、現在、

9兆円といわれるマーケットである ファッションは、

この先、1兆円まで冷え込むというようなことはないだろう

という 目論見を もっています。

 

そして、ITを活用し、大規模でなくても、個人がブランドをもてる

「個人 アパレルブランド 」 の形成が 可能になるだろうと 考えたからです。

 

と、おっしゃいました。

 

非常にシャイで 謙虚な ご性格の 深沢氏は、

ご自身の経歴を 声高に 話す方ではありません。

深沢氏は、早稲田大学を卒業し、

東京ブラウス 株式会社 に入社して、

婦人ブラウスやドレスのノウハウを学び、

その後、ファイブフォックスに入社されました。

 

ファイブフォックスは、「コムサ・デ・モード」や「ペイトンプレイス」など、

1980年代の DCブランドブーム を けん引し、

ユニセックスなデザインで、

メンズ・レディース・子供服と、着実にブランドファンをつかんだ、

現在も根強いファンを抱える ブランドです。

 

また、感性重視のアパレル業界の中で、

企業的手法による 商品開発・数値的管理・徹底教育 の仕組みを取り入れた企業でもあります。

 

資本金 7750万円 売上高 連結 754億552万円 (2016年8月期末現在) という、

9兆円産業のアパレル業界の中でも、今や、トレンドではなく、屈指の老舗企業の中で、

玩具会社とのシナジーなど、業界を超えた挑戦をする会社の中で、その風を感じて過ごされたのでしょう。

 

その後、株式会社 ワールドや 株式会社 丸井との契約の中で、

ブランド作りの一から十までの経験をし、紳士服やワイシャツの山喜株式会社と契約、

「マクレガー」ブランドの ニチメン ( 双日) インフィニティ 契約、

アウトドアで活躍されている 株式会社 ランドウェル の契約を経て、

2013 年に独自の信念をもった デザインラボ を設立。

 

現在は、自身の経験値を元に、アパレル専門特化したスタートアップのコンサルティング事業を開始し、

C to C による「個人ブランディング」の可能性に挑戦されています。

 

海外に目を向けると、たとえば台湾では、展示会についても、

個人が一人でも参加できる環境があり、日本の畳を使ったバッグなどの、

日本らしさを武器に勝負に挑める環境が整っているのだそうです。

 

さらに、深沢氏は、ファッションの生産工場を見学するビジネスなど、

これまでに、裏方であった個も、自分の アパレルブランド を確立し

ビジネスに参入するチャンスも到来しているのが、

「今」ではないかと少年のようなキラキラした瞳で、

未来のアパレル業界の可能性も示唆してくださいました。

 


 

アパレルブランド を語る 深沢光

 

業界人にとっては、耳の痛いであろう話として、

「現在のアパレル業界は、リーマンショック以前と同じだけのプレイヤーが存在しているけれど、

需要と供給という当然のバランスで見た時、供給者があまりに多く、そのバランスの悪さを解決する必要があると思う」

と、話されていました。

 

独立して、1年は自転車操業と言っても過言ではない毎日だったそうです。

目先のことで無我夢中で必死にやってきて、少しずつ、周りが見えてきたこと。

自身の身体がもたないと思ったことで、

いかに効率的に、そして、ITをどう利用していけばいいか、という次のフューズへ向かう時であったと。

 

「個人 アパレルブランド 」を求める人が増えていくだろうという予測の元、

今の自分を信じて突き進んでいるのが、今の毎日だとお話くださいました。

 

今後は、海外のメーカーと組んで、韓国・中国といった成長期のアセアン諸国に目を向け、

「IoT + ファッション」 や 「C to C」のスモールビジネスに面白味を感じているということです。

 


 

アパレルブランド 講演 深沢光

 

後半には、深沢氏が挑戦した クラウドファンディング のご協力をいただいた

コーレ合同会社 奥脇真人氏もゲストで参加くださいました。

深沢氏が挑戦した マクアケ について、

「マクアケの人は助けてはくれないし、 ウェブマーケティングに長けていないと思う」

「新商品の予約販売みたいなもの。 集まるのはミーハーな人。」

という意見は、かつて、BPAのメンバーで、クラウドファンディングにトライした若き挑戦者を見て、

感じるところ でもあり、思い切り首を縦に振ってしまいました。

 

「クラウドファンディングで勝つためには、コピーライティングや文章を作れる人が圧倒的に強い」

「人脈(クラウドファンディングでお金を出してくれるお友達)のないヒトはダメ」

「結局、初日の動員数で、運営側も態度が変わる」

等々、経験した者たちには、身に染みて感じたことでしょう。

 

「クラウドファンディングの失敗の理由は?」

という、厳しい会場からの質問には、

「事前に、今度、クラウドファンディングをやるので、お願いします。 と、言えなかった自分のせいだと思います。」

と、おっしゃる深沢氏の回答に、

自らのブランド構築の前に、クライアントのことや、他者のことを優先して、仕事をしている姿が垣間見られました。

 

自分よりも、関わる人たちや、未来を良くしたいと願うビジネスプロデューサーには、

往々にして、自分を後回しにしてしまう傾向があるようです。

 

以前、東京大学にて、「渋滞学」を学問として確立された、

西成活裕教授に、

「渋滞がなくなるためには、自己犠牲が必要なんですよね」

と、お話いただいたことがあります。

 


 

(詳細内容は 会員サイト(BPA PORTAL)にて ご高覧いただけます。)

(※ 注 : 会員限定サイトです。閲覧資格は、有料会員(読者会員以上)となります。)

 


 

次回 BPA LIVE Vol.75 は、9月13日(木)に開催いたします。

会員映像コンテンツ作成のためクローズドの BPA LIVE となります。

 

ビジネスプロデューサー協会 入会案内 は こちら です。

 

会員入会 ページ